ナチュラルメイクは基礎化粧品での肌調整が大事

011

私は30代の主婦ですが、20代の頃はアパレル販売員をしていました。一日中メイクをしていて、冷暖房の効いた室内にほとんどいたうえに、疲れてると帰ってメイクを落とさずそのまま寝てしまうこともありました。肌にとっては最悪の環境で数年過ごしてしまいました。

元々、肌に何層も塗るのは息苦しい感じがして極力薄化粧を基本としてきました。20代前半はパウダーファンデーションのみ。後半で下地+パウダーファンデーションへと変わって行きました。リキッドも何回か試しましたが、皮膚が呼吸できない感じが苦手ですぐやめてしまっていました。

27歳頃にはやっと基礎化粧品に気を使うようになって、化粧をしている時間が長いので肌そのものをケアすることで化粧を薄くしようと考えました。基礎化粧品、下地は自分に合ったものを多少値段をかけても使うようにしました。徐々に肌の調子も良くなってきたので、下地+パウダーファンデーションから下地+仕上げ用パウダーのみに変更してみたところ、つけごこちも軽くて肌の負担が軽くなりました。

ファンデーションを使わなくなると、肌の負担がさらに減り調子も整いやすくなってより良い効果が出たように思います。今ではさらに負担の少ないベビーパウダーでも代用できるほど肌の調子はいいです。粒子が細かいベビーパウダーは付けた感じもさらさらして、長時間すべすべが続くので個人的には肌に合っています。

もちろん、基礎化粧品は最低限のものでもいいのできちんと使い、UVカットを考慮した下地をきちんと使えば上に重ねるパウダーをどんどん負担の軽いものに変えていけます。この方法で私は化粧を長時間しても息苦しさも無くなりましたし、基本となる肌の調子も良くなるといういい循環が起きたのでとても良かったと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です